仕事自動化のためのPythonの使い方とは? 伊沢剛さんにきいてみる

超速Python仕事術大全 伊沢剛 深水英一郎

今日は、ITストラテジストで教育系YouTuberとしても活躍する伊沢剛さんが書いた「超速Python仕事術大全」についてお話をききます。

【著者 伊沢剛さん プロフィール】
https://twitter.com/zxb04116
ITストラテジスト・情報処理安全確保支援士(登録番号 第022079号)・教育系YouTuber
穴吹ビジネス専門学校(広島県福山市)教務部勤務。情報系学科でプログラミング、人工知能関連の科目を担当。著書:「めんどうな作業が秒速で終わる!Excel x Python自動化の超基本」(宝島社)2020年

▼本日紹介していただく著書▼
「Excel、データ整理&分析、画像処理の自動化ワザを完全網羅! 超速Python仕事術大全」(伊沢剛著、宝島社)2022年 

——伊沢さん、お久しぶりです。前回の著書はPython(パイソン)を使ってExcelの作業効率UPをするための本でしたが、今回の著作はどのような内容なのでしょうか?

【伊沢さん】
 今回もExcelの自動化だけではなくさまざまな仕事で使えるPythonの技に触れています。プログラミング言語Pythonは、今ビジネスパーソンの間で人気が高まってきているんです。かつて、ノンプログラマーであるビジネスパーソンの間では業務を効率化・自動化するためにExcel VBA/マクロが使われていました。Pythonはその代わりとなりつつあるんです。

 この本ではそういった方たち向けに、Pythonを使った仕事術を網羅しました。Excelやメール、WEBはもちろん、PC内のファイル整理、電子捺印、画像処理、画像からの文字抽出、動画編集などの最新テクニックを紹介しています。

——かなり具体的な、ビジネスで使えるPythonの小技が掲載されているんですね。

 はい、Pythonの便利ワザをたくさん掲載しました。問題集やトラブルシューティングについてのページもあります。

——伊沢さんは、教育系YouTuberとしても活躍され、プログラミングに関する情報発信をされてますよね。YouTubeチャンネルでも本書と連携したコンテンツはあるのでしょうか?

 YouTubeチャンネルでも本書の内容に触れる動画を連続で公開しています。

 この本が発売されて以降、私のYouTubeチャンネルの解説動画で人気があるものベスト5をピックアップすると、こんな感じになります。

第1位 Chapter2 Section 8 PDF内の表をExcelに読み込む
第2位 Chapter6 Section 1 仕事に合わせてプログラムをカスタマイズするコツ
第3位 Chapter2 Section 5 フォルダ内のエクセルファイルを1つずつ読み込む
第4位 Chapter2 Section 10 年度など、複数のファイルの置換を一度に行う
第5位 Chapter5 Section 1 商品画像をAIに学習させる

——結構リアルに、仕事に現場で使いたいものが上位になってますね。

 そうですね。やはり、受け取ったPDFから表を取り出してExcelで編集したいという要望や、仕事を効率的にするための方法、自動的に複数のエクセルファイルを読み込むという内容の動画がとてもよく視聴されています。また、AIの活用についても関心が高いようです。

——本書でPythonに興味を持った読者がさらに一歩進むための情報源やコミュニティはあるでしょうか。

 Pythonで扱うことができるライブラリ(やりたいことを簡単にできるプログラムの部品集)は進化のスピードも早く、新しいものもどんどん出てきます。YouTubeでPythonやRPAというキーワードで動画を検索すると最新の情報やわかりやすい解説動画に出会いやすいと思います。

 今はたくさんのYouTuberがプログラミングの解説動画を公開しているので、自分にあったチャンネルを探してみるのも良いでしょう。もちろん私のYouTubeチャンネルで公開しているPython入門もおすすめです。

——次の本の予定は既にありますか?

 やはり、ITの力で中小企業のDX推進についてのテクニックや、効率的な方法についての本を書いてみたいです。ローコード、ノーコード技術の活用といったテーマも面白いなと思っています。

——伊沢さんの今後の活動予定は?

 今後も、YouTubeを中心に情報発信をしていきます。また、オンラインでの講演会のお話もいただくようになりました。年内にはRPAについての講演会で登壇を予定しています。Connpass経由で参加できるイベントです。

——楽しみにしています。本日はありがとうございました。

(了)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。